借金と人生

この春、所得税が払えなくて久しぶりに大きな借り入れができた。

思い返せば、俺の人生は長らく借金とともにあった。

稼ぎが増えると銀行やカード会社が借入枠を増やしてくる。

するとこっちももっと借りていろいろなことに使う。

未来に向けた自己投資だとか、人生で最も貴重な「時間」を節約するためとか、いろいろ口実を設けたが、結局はただの浪費も多かったな。

何しろ方向性が分散しすぎてたから、無駄使いが多かった。

そんなわけで収入が増えるとともに借金も増えていった。

そしてある時、収入が激減して借金地獄に堕ちる。

俺はそこから抜け出るために懸命に働いた。

そんな地獄の中にあっても、闇金にだけは手を出さなくてよかった。

あれはヤミ金融専門の弁護士しか解決できない。

そしてやっと解決しても、その時は体も心もボロボロだ。

俺はサラ金止まりだったから、傷が浅くて済んだ。

この時の苦難に鍛えられて俺は強くなり、その経験が今の俺を作っている。

借金地獄は賢い人間の経験することではないが、俺にとってはムダではなかったと思う。

だが、もう一度?御免だよ、もう二度と落ちたくない。