不倫はすぐに広まる

浮気しているときは近所に漏れないように注意した方がいい。

噂好きのおばさんはどこにでもいる。

実際、私の地域にもいる。

日曜日の今日は町内の掃除があった。

この地域の人たちは掃除15分ぐらい前にみんな揃う。

遅れる人はいないのだ。

早めに集まるので開始時間まで立ち話をする。

今日の話のテーマは近所のHさんの不倫だ。

目撃したという人がいて、Hさんのことで話は盛り上がった。

てっきり仲良し夫妻だと思っていたのに、実は不倫していたなんて面白いわ~という人もいた。

不倫がバレたと知っているのかわからないが、Hさんは欠席だった。

掃除は毎回のように出席していたのに、欠席なんて珍しい。

Hさんところは離婚しないでしょ!お子さんが私立だから。という人もいた。

どうするかはHさん次第だが、不倫が近所にバレるというのは本当に恐ろしい。

もし不倫している人がいたら教えてあげたい。

配偶者と近所の人には絶対にバレてはいけない。

それから探偵雇われたら終わりだ。

群馬県高崎市のおすすめ探偵社

ダイエット話聞いてきた

この時期には毎年、町内の掃除がある。

町内の行事にはあまり参加しないほうだが、掃除だけは積極的に参加している。

罰金とかはないが、自分の住んでいる地域なので掃除は義務だと思っている。

いつもと同じ顔ぶれだが、その中に見たことない人がいた。

最近引っ越してきた人かな?と思い、声をかけた。

すると、同じ年ということが分かり意気投合。

私よりも細く見た目が若いので年下かと思ったが、まさかの同じ年だった。

もともとはかなりデブだったそうだが、必死にダイエットして頑張ったそうだ。

ダイエットしないと離婚する!と奥さんに言われたらしい。

どんなダイエットをしたのか聞いてみたら、サプリメントを使ったダイエットだった。

もちろんそれだけで痩せることはない。

ダイエット広告には、それを飲んだだけで痩せるかのように書いてある商品がある。

しかし、それは誇大広告だ。

そんなことあるはずがない。

もちろん運動も頑張って行い、サプリメントを続けたそうだ。

飲んでいたのはミドリムシというサプリメントらしい。

おすすめのミドリムシサプリ

迷惑な不倫

男と女が地球上にいる限り浮気はなくならない。

魅力的な男性や女性がいれば惹かれてしまう。

結婚していようが、いまいが関係ない。

しかしそう考えているのは不倫する側。

不倫される側からしたら迷惑な話だ。

人の家庭に勝手に首を突っ込まないでほしい。

家族をぐちゃぐちゃにしないでほしい。

不倫されている人はそう思っているだろう。

「もう少し早く出会っていれば、結ばれたはずなのに、奥さんが許せない…」そう考えている人もいるが、それが運命なのだから諦めるべきだ。

不倫というのは本当に迷惑な話。

盛り上がっている本人たち以外はうんざりしている。

不倫が罰せられることはないのだろうか。

私は絶対に不倫は許せない。

不倫されているのであれば探偵を雇うべきだ。

そして不倫相手に慰謝料を請求しよう。

ちなみに松山に住んでいるのであれば下記サイトが参考になると思う。

松山市の探偵社

松山以外でももしかしたら参考になるかもしれない。

とりあえず一度覗いて判断してほしい。

バブル後の自己破産

バブル時代は小さかったため経験していないが、当時の話を聞くと本当にすごかったのだろう。

タクシーを停車させるのに札束をちらつかせていたと聞いたことがある。

ということは目的地までの料金とは別にチップでもあげていたのだろうか。

今では考えられない。

そんなバブルが崩壊して自己破産をする人も増えた。

自己破産の原因として多いのは、連帯保証人になってしまった、事業が失敗した、などの理由かと思っていた。

しかし実際には違う。

生活が苦しくて借金したのだ。

または低所得者だ。

これが自己破産の一番の理由である。

生活が苦しくて借金したとしても、多額ではないはず。

返済するお金もなくて自己破産したのだろうか。

浪費やギャンブルが多いかと思っていたが、意外と少ないので驚いた。

自己破産は最後の手段と考え、それまでにできることをやっておいた方がいいと思う。

任意整理や特定調停だ。

自分ではできないだろうから専門家にお願いするとよい。

ちなみに自己破産の免責が認められれば借金が減る。

自己破産と免責

手軽にできる除毛

どんなに外見は重要じゃないと言っても、やはり清潔感がある方が男性も女性もモテる。

もちろんモテるだけでなく、就職にも有利になる。

清潔感をだすために重要なのは、汚さをなくすこと。

男性であればヒゲが生えていると不潔に感じてしまう。

最近ではヒゲ脱毛する人も増えているようだ。

ヒゲだけでなくスネを脱毛する人もいる。

脱毛サロンは行くのが面倒と思っている人は除毛クリームを使っているようだ。

除毛クリームであれば自宅で行うことも可能だ。

自分の好きな時間に脱毛できるというのは大きなメリットでもある。

それから脱毛サロンに通うとなると時間がかかる。

夏に向けて脱毛したいのであれば、冬ぐらいから通わなくてはいけない。

しかし除毛クリームであれば1日できれいになるので便利だ。

「やばい、明日みんなと海に行くんだ。この汚らしい毛をなんとかしないと!」と思ったらすぐに処理できるのだ。

メンズ除毛クリームのおすすめ品はこちらのサイトを参考に選んでみてください。

減らない飲酒運転

飲酒運転の取り締まりが厳しくなったのは10年ほど前だろうか。

当時、アルバイト仲間が飲酒運転で捕まって罰金50万円と言っていた。

そんなの払えないと言っていたが、すぐに仕事をやめた。

厳しくなった当初で50万円ほどだったので、今はもっと上がっているかもしれない。

罰金で50万円払うぐらいなら代行を使った方がいい。

代行代がもったいないという理由から飲酒運転する人がいるが、それはやめたほうがいいと思う。

もし飲酒運転でつかまって罰金を払うことになったら後悔するだけだ。

しかも事故でも起こしたら後悔してもしきれない。

飲酒運転の事故のニュースをよく目にする。

飲酒運転で幼い子が亡くなるニュースを見るのは悲しい。

大人の勝手な行動で命が奪われるなんて。

飲酒運転の交通事故に巻き込まれたときのために知識を身につけた方がいい。

後遺障害等級のしくみは特に難しいので勉強する必要がある。

下記サイトは勉強になるので一度目を通してほしい。

参考: 交通事故・後遺障害等級のしくみ

スピード結婚、スピード離婚

結婚するときには慎重にならないと大変だということを思い知った。

小学校からの友人は、本当に馬鹿である。

思ったままに行動する素直な性格というか、馬鹿というか。

今回、この性格が原因で大変な目に遭ったようだ。

友人は去年結婚した。

おめでたいことなので、俺も心から祝福した。

しかし、今年離婚したのだ。

そう結婚してわずか3か月で離婚。

友人よ、正直に言う。

ご祝儀返せ!

相手の女性とはネットで知り合ったらしい。

容姿が好みというだけで結婚したのだ。

そう、相手のことをよく知らないまま。

結婚してみると、相手の性格は難ありだったらしい。

しかも家族もすごいクセのある人たちで、金銭を要求してきたとか。

こんなはずじゃなかった…と落ち込んでいたが、友人も悪い。

相手のことをよく知らないでよく結婚ができたものだ。

俺は結婚する前にアドバイスしたが聞かなかった。

離婚するだけで5キロほど痩せたそうだ。

かなり大変だったらしい。

しかし離婚することができて心が軽くなったそうだ。

結婚前には相手のこと調べないと

結婚調査に強い探偵社

示談金でフグを喰らうの計

来週、友人とフグを食いに行く約束があったのだが、キャンセルになった。

お母さんが交通事故に遭ったため、フグどころじゃないと言うのだ。

事故状況は、自転車で信号待ちしてたところ、左折するトラックに巻き込まれたとのこと。

結果は転倒で大腿骨骨折等の大けが。

しかし、車両に踏みつぶされなかったのは不幸中の幸いだ。

高齢の女性は女性ホルモンの低下から骨粗鬆症になりやすく、転倒で大腿骨骨折はよく起こる。

まあ、2カ月は入院だが、本人の気持ちさえしっかりしていれば、また歩けるようになる。

トラックに轢き潰された場合ははるかに深刻で、手足の切断とか深刻な後遺障害を残すことになる。

お母さんは落ち着いているとのこと。

それはいい。

しかし、保険屋さんが親身だと感激しているという点は気になる。

人のいいお年寄りだから、保険屋が被害者の味方だと勘違いしているのではないだろうか?

相手は被害者の警戒を緩めて、安い保険金で納得させたいだけだ。

交通事故の示談金相場について、ちょっと勉強しておくよう、友人にアドバイスした。

俺としては「お前のアドバイスのおかげで、お袋の示談金、ずいぶん増えたよ」という報告を期待している。

それを口にしたが最後、次回のフグはお前のおごりだ!

借金と人生

この春、所得税が払えなくて久しぶりに大きな借り入れができた。

思い返せば、俺の人生は長らく借金とともにあった。

稼ぎが増えると銀行やカード会社が借入枠を増やしてくる。

するとこっちももっと借りていろいろなことに使う。

未来に向けた自己投資だとか、人生で最も貴重な「時間」を節約するためとか、いろいろ口実を設けたが、結局はただの浪費も多かったな。

何しろ方向性が分散しすぎてたから、無駄使いが多かった。

そんなわけで収入が増えるとともに借金も増えていった。

そしてある時、収入が激減して借金地獄に堕ちる。

俺はそこから抜け出るために懸命に働いた。

そんな地獄の中にあっても、闇金にだけは手を出さなくてよかった。

あれはヤミ金融専門の弁護士しか解決できない。

そしてやっと解決しても、その時は体も心もボロボロだ。

俺はサラ金止まりだったから、傷が浅くて済んだ。

この時の苦難に鍛えられて俺は強くなり、その経験が今の俺を作っている。

借金地獄は賢い人間の経験することではないが、俺にとってはムダではなかったと思う。

だが、もう一度?御免だよ、もう二度と落ちたくない。

ハードボイルドごっこ

港には今夜も100万ドルの夜景が煌めいている。

ホテルの最上階の部屋からそれを見下ろしながら、俺はブログの最初の記事を書き始めた。

こんな港町は探偵映画にうってつけのロケーションで、主人公の事務所は場末の雑居ビルの3階とかにある。

探偵社の主な仕事は浮気調査だ。

警察が解決できない刑事事件を追うのはフィクションの世界の話にすぎない。

夜の街の夥しい酒場で、今夜も新しい恋が生まれ、不倫の愛が語られる。

今宵、俺はイマジネーションの中で探偵になり、秘密の恋人たちを追尾する。

海の見えるレストランでワインを飲みながら楽しそうに過ごす彼らを、俺は隅の席から隠しカメラに収める。

カメラは眼鏡の中に仕組まれており、傍でみていても隠し撮りとは気づかれない。

食事を終えた彼らは埠頭を散歩し、口づけする。

俺は物陰から夜間撮影のできる一眼レフでその光景を撮った。

その後、彼らはタクシーを拾ってラブホテルに向かった。

俺はつかず離れずの車両尾行でそれを追い、ホテル入りする決定的シーンを捉えた。

・・・・ん?

空想に耽っていると酒とスルメがなくなってしまったようだ。

今からコンビニに行って買ってくる。